Home > サンサンコーナー > 新幹線について

サンサンコーナー

新幹線について

 今、小松の街中をグロテスクな宇宙の基地造りのようなコンクリートの壁が建ち並び始めています。そうです。北陸新幹線の工事です。

 私の住む梅田町は無残にも町のど真ん中を分断して、コンクリートのルートが建造されています。なんというグロテスクさ、デリカシーのかけらもありません。今まで平穏で静かであった町を騒音を立てて、新幹線が走り抜けることになりそうです。何十年も先の事だと楽観していたのですが、もう直近の事となってきました。

 さて、この新幹線のことについてじっくり振り返ってみようと思います。

 今、金沢東京間は実に近くなり便利になって、その効果は絶大なものがあったと、またこれからもあり続けると思われます。

 しかし、金沢から大阪への効果となるとどうでしょうか?これは金沢・東京間と違い、そう単純ではないと思います。

 まず、小松大阪間の時間は短縮されるのでしょうか?現在のサンダーバード等の在来線と比較して便利になるのでしょうか?

 私は非常に疑問に思っています。便利になるというメリットが北陸新幹線唯一無二のメリットで他に何もないというのが現状だと思うのですが、そのメリットは本当にあるのでしょうか。無いということになれば我々にとって何の為の新幹線なのでしょう。立ち退きに直接かかった住民はまだしも、その近隣の住民はこれから騒音に悩まされ、グロテスクな建造物を見続けなければならないと思うとぞっとします。その近隣の人にこそ保障が必要だと思いますが、世の中あべこべで何の保障もないというのが現状みたいです。

 今、新幹線は景気対策ということでかなり先行して進んでいます。小松地区は後3年程すると完成してしまうのではないかと心配です。小松の町は新幹線効果でしょうか、アパートもいっぱい、住居もいっぱい、街中も活性化しているようにみえます。

 でもこれも後3年の命ということになれば、その後はどうなるのか、非常に心配です。

でも今の政府の景気対策は根本的な対策ではないので、短期の小手先感は否めないと思います。これが終わった後の小松の景気ははたしてどうなるのでしょう。心配です。

 そんなこと心配してもしゃあねーやろという楽観的な方も多いと思います。

 今この静かな綺麗な日本の国土を破壊して景気対策をしているこの政府はいったいどうなっているんでしょう。一度私たちの街を実際に見にいらっしゃい。どう感じるか感想を聞かせてほしいものです。そしてそれが完成し、全線開通した時に小松駅にだけ停車するということはあり得ないでしょうね。まさか全駅に停車するのでは?各地域が頑張れば、地域運動すればする程各駅停車になる可能性が必ず出てくると思います。本当に小松市が一丸となっての新幹線誘致運動なんて必要だったのか、みんな何故賛成するのかすら私には今だに疑問なのです。

 最近は理解に苦しむことが多すぎて、どのニュースを信じていいかすら解らなくなっています。もっと単純な解り易い政治を。その為にも嘘の無い政治を。国会を。統計を!!

不動産遊民

都市研究家 調 亮

ページの先頭へ